人生百年 有為自然

人生百年。地域づくり、日々の生活、思いなどを中心にしたブログです。

有為自然 602   突然 電話が鳴った

  突然 電話が鳴った

 

f:id:uwisizen:20201119142856p:plain

 

市役所の道路課より、突然、電話がかかってきた。

 

「花壇の看板ができました。

これから杭を打ちにいきます。

立ち会ってもらえますか」

「いいですよ」

 

待ち合わせの10時に、現地集合。

 

「お久しぶりです」

   「お久しぶりです。

   〇〇さん、病気だったんですって。

   もう大丈夫ですか ?」

「エーッ、何で知ってんの?

こわ~い」

 

彼が病気だったことは、市役所に行った時に聞いていたのである。

いつも、こんな風に明るく気軽に話している。

ジジイは、カキューコームインサポーター(応援者)だ。

彼らが気持ち良く働いて欲しいと、いつも願っている。

 

これまでの経過。

この花壇は、スイセン、チューリップ、レースフラワーを植えた花壇である。

表面は、土だけだった。

子どもの足跡。

をまき、食品トレーで小さな看板を立てた。

おさまった。

 

ところが、大人の足跡。

ビオラジュリアン、34苗を追加して植えた。

足跡は、なくなった。

 

そして、市役所からちゃんとした看板を立ててもらうことにした。

これで一安心だ。

 

よく見ると、

スイセンレースフラワーの小さな芽が、もう出てきている。

 

ジュリアン。

頭の中を今度は、

アルフィー「メリーアン」の曲が流れるようになった(笑)

 

f:id:uwisizen:20201119142927j:plain

 

有為自然 601 ♫ ダンス ダンス ダンス ダンス …  (109)

 ♫ ダンス ダンス ダンス ダンス …  (109)

 

f:id:uwisizen:20201122071941p:plain

 

「ハンマー&ダンス」、今年初めて知った言葉です。

 

コロナの感染が増えたら、徹底的にたたく

沈静化したら、みんなで楽しく踊る。

再び感染が広まり始めたら、またすばやく叩くということらしい。

 

Kセンセーも、似たようなことを語ってくれました。

以前、取り上げたことです。

 

ガッコーじゅうに、セートの喫煙が蔓延した。

すべての休み時間にキョーシが、すべてのトイレの前にたつことにした。

ガッコー内からセートの喫煙は消えた。

 

たいへんなコーコーに赴任したら、

校舎内の壁が落書きだらけだった。

セートといっしょに、すべての壁をペンキで塗ってまわった。

落書きは消えた。

 

毎朝、平均で300名を越すセートが遅刻していた。

毎朝10分の全校一斉の、読書の時間を設けたら、

遅刻の数は全校でも、指で数えることができる程度になった。

 

文化祭に外部の人間が入り込み、たびたび暴力事件を起こした。

現行犯逮捕も出た。

その後、強力な対策をたてて暴力沙汰を一掃した。

 

ジュギョーは、私語で充満していた。

わかるジュギョー、視聴覚教材の活用、授業後のノート回収などを行った。

私語は消えた。

 

「正常なキョーイク活動」が行われるためには、

落ち着いた学習環境が、絶対に必要である。

 

喫煙、落書き、遅刻、暴力、私語、カンニングなどの「蔓延」は、

なんとしても沈静化するしかない。

それが、経験から得た教訓である。

「もぐら叩き」を徹底するしかない。

 

コロナに対しても、「ハンマー」が必要だと本当に思う。

まずは「抑え込み」にかかることだ。

そして、用心深く経済を動かしていく。

 

ところが出てきたのは、「ゴーツー」

頭の中を流れる曲は、

  ♫ ダンス ダンス ダンス ダンス …

中森明菜「DESIRE」である。

 

f:id:uwisizen:20201122072010j:plain

 

そして、アベノマスク、

いや今度は、「スガノマスク」、「カイショクマスク」。

マスクが汚れるだろうなァ。

店を出るときは、

新しいきれいなマスクにしなければならないか、と思ってしまった。

 

f:id:uwisizen:20201122072037p:plain

 

まあ自分は、コロナが落ち着くまで絶対に外食しないだろうけど。

首都圏に住む高齢者だからである。

医療関係者に迷惑をかけるわけにはいかない。

 

そして、やっと「ゴーツー」一時停止。

 

しかし、不思議なのは、病院関係に対して強力な支援がないこと。

 

思えば、たいへんなコーコー現場で頑張っているキョーシたちへの、

上からの励ましなんて、これまた本当になかった。

 

たいへんなコーコーで学ぶセートたちへの思いも、

上の人間たち、エリートたちにはないのだろう。

ユーメイダイガクへの進学実績こそが、

コーコー評価、キョーシ評価の基準。

 

今日は、コロナに便乗して、

Kセンセーにもドクも吐き出させました。

「荒れる文化祭」の話は、そのうちに。

 

 

 

 

有為自然 600   「一区切り」の日に お知らせ

  「一区切り」の日に お知らせ

 

f:id:uwisizen:20201119075918p:plain

 

今日で、ブログ600記事目

パソコンの故障で1日休んだ以外は、毎日つづけてきました。

途中でブログをやめようかなと思ったことは、何度かあります。

 

話かわって、

10カ月、努力しましたが、

血圧「140/80」以下の目標を、達成できませんでした。

かかりつけ医と、いろいろ相談しました。

 

「薬を試してみましょうか。

医者の立場としては、薬を使ってもよい段階です」

   「以前、薬をやめたら、血圧は元に戻ってしまうとおっしゃいましたよね」

「まだこの段階の薬のレベルだったら、運動や食事療法を続けて、

薬にたよらない生活に戻ることはできます」

 

そんなわけで、薬を試すことになりました。

ウォーキングは、ひきつづき続けます。

 

  ♫ 奮闘努力の甲斐もなく ~

 

頭の中を流れます。

でも、まだ、負けません。

 

その他の症状のために、薬を2種類。

「薬づけ」の生活。

ヤクブツチュードク ヤクブツイゾン … ?

 

指の痛みは、パソコンの叩きすぎの可能性がある、と。

ブログ作成以外にも、かなりキーを叩いているからです。

 

f:id:uwisizen:20201119075942g:plain

 

そこで、ブログは1日おきのペースにすることにしました。

今後も、ほそぼそと続けていきますので、

よろしくお願いします。

 

地域づくり・ボランティアの生放送

健康づくりの実況中継

日々のこと

Kセンセーのものがたり

ケンポーばなし

世の中のこと … 。

 

マジメ、アホー、ときどきドク … 。

かなり、ドクかな ?

 

そんなブログを、これからも続けていきます。

よろしくお願いします。

 

   591~600 記事一覧

 

591 遅れて来た「モテ期」。 地域の花壇で、5名のジョセーと共同作業。

592 ウォーキング中に、薄暗がりの中から突然「こんにちは」の声がした。

593 あえて言うなら、「気の弱い長塚京三」「どう猛な森本レオ

594 市から配布された、ジュリアンビオラを地域の花壇に植えた。

595 子ども、犬、大人に荒らされた「キメツの花壇」にも、33苗を植えた。

596 「♫ 友よ 夜明け前の 闇の中で … 」 なつかしい歌だ。

597 「蓼食う虫」に感謝している。 宇宙の奇跡だ。

598 定期テスト中に、大事件が起きた。

599 テスト中の集団カンニング どうやって解決したか。

600 600記事で「一区切り」。 テンポを遅くしますが、今後ともよろしく。

 

 

有為自然 599   テスト中の大事件 どうやって解決した ?  (108)

 テスト中の大事件 どうやって解決した ? (108)

 

f:id:uwisizen:20201118065233p:plain

 

「センセー、あのクラスで、試験をうけたくない」

「なぜ ?」

 

Kセンセーから聞いた話の、つづきです。

 

ジョシセートが言うには、

集団でカンニングが行われているというのだ。

試験が始まるや否や、

ワーワー騒ぐ中、セートたちは答を教え合っている、と。

弱いクラス担任は、それを制止することができない。

一人のセートを注意していると、

他の場所にいるセートがカンニングし合っている。

そんな不正が行われているテストなんて、受けたくない、と。

 

当時、セートシドー主任をしていた。

ジョシセートの悲痛な声に、応えなければならない。

こんな状態を放置するわけには、いかない。

すぐ手を打たなければ。

翌日、朝からセートシドー担当のキョーシたちで話し合った。

 

放課後、そのクラスのセート全員を、教室に残した。

セートシドー担当のキョーシ7~8人が、クラスに入る。

机の列と列の間に、キョーシが一人ずつ立った。

教室の前にも、後にも。

突然、多くのキョーシが入って来たので、

セートたちは何ごとが起きたのか、静まり返る。

 

そして、教壇の前に立って説明した。

 

「昨日の○○科のテストの時に、やってはよくないことが行われました。

君たちが行ったこと、見たこと、聞いたことをそのまま正直に書いて下さい。

実名も入れて下さい。

センセーたちが、机と机の間に立っています。

キョロキョロすることはできません。

誰が何を書いたかは、わからないようにします。

安心して、正直に書いて下さい」と。

 

セートたちはいっせいに、白い用紙に書き始めた。

しばらくしてから、回収。

セートは、そのまま待機。

セート同士、私語をさせない。

数人のキョーシが監督をつづける。

 

一方、別室で、生徒たちが書いた中身を確認。

出るわ、出るわ。

誰と誰が、カンニングしていたと。

正確な数字は覚えていないが、10人前後の名前が出てきた。

 

f:id:uwisizen:20201118065305p:plain

 

名前のあがったセートたちを、次々と一人ずつ分けて呼び出した。

数人のキョーシが、それぞれ違う部屋でセートの話を聴く。

書かれたことをヒントに、事実の確認を行う。

テスト中に何をしたか。

こちらは、本人が自発的に言うまで待つ。

誘導尋問のようなことは、絶対にしない。

 

他のセートのことを口にしたら、そのセートにも確認する。

彼らが別々に話した内容が、すべてつながった。

記名されたセート全員が、カンニングを素直にみとめたのである。

 

その間に、教室に残ったセートたちを下校させた。

カンニングをしたセートたちには、次のように話した。

 

「これからショクインカイギで、

君たちに対してどう指導するかが話し合われる。

保護者に対して各自、自分の行ったことと、

ガッコーから呼び出しがあることなどを話しておきなさい。

連絡するので、自宅で待機すること」。

一人一人、また別々に下校させた。

 

ショクインカイギで、話し合いが行われ、次のようなことが決められた。

カンニングしたテストの点数は、無効。

そして「○日間の、学校謹慎」

そのクラスだけ、全員がその教科のテストをやりなおした。

 

キンシン中、セートは別々の部屋で指導される。

出された課題の自習と、反省文。

個別のカウンセリング。

そんなこんなで、集団カンニングの事件は片づいた。

 

さて、Kセンセーと、眼を飛ばしたセートとの関係は、

その後どうなったでしょうか ?

 

つづきは、近いうちに。

有為自然 598   定期テスト中に 大事件が起きた (107)

  定期テスト中に 大事件が起きた  (107)

 

f:id:uwisizen:20201118035148j:plain

 

「兄ちゃん、セートに負けたら、絶対ダメだよ。

負け犬は、わかるからね」と、

キョーシに成りたての頃、従弟に言われた。

 

従弟はコーコー時代、バンチョ―をしていたのである。

ワルのセートたちへの対峙の仕方を教えてくれた。

 

久しぶりにKセンセーが語ります。

 

4月、ジュギョーのクラスに行くと、

かなり目つきの悪いセートがいた。

冷たい視線。

敵意を感じた。

内心、ブルッとした。

 

「しまった」と思ったが、もう遅い。

一瞬、こちらの目線に「弱さ」が出てしまったのだろう。

彼が、眼を飛ばして勝ったのである。

その後、彼の存在は、クラスの雰囲気を悪くしていった。

 

そのクラスの担任は、それに反比例して弱い。

弱いなんてものじゃない。

全く抑えがきかないのだ。

そのために荒れるクラスになった。

 

そして、事件が起きた。

ふつう定期テストのときには、まず教室全体が静まる。

静寂の中で、テスト用紙が配られる。

セートは黙って待つ。

「はじめ!!」の合図と同時に、テストが始まる。

 

f:id:uwisizen:20201118035242p:plain

 

ところが、このクラスは全く落ち着かないのである。

自分がそのクラスの監督の時は、怒鳴って静かにさせた。

 

ある試験のとき、ワーワーいうなかで、テストが始まった。

事件が起きたのは、弱いクラス担任がテスト監督のときだった。

 

その夜、クラス担任ではなく、

自分のところへ、そのクラスのジョシセートから電話がきた。

「センセー、あのクラスで、試験をうけたくないです」

「どうして ?」

 

さて、テスト中に、何が起きたとお思いになりますか ?

Kセンセーから聞いた話。

明日も続けます。

有為自然 597   蓼(たで)食う虫も 好きずき

  (たで)食う虫も 好きずき

 

f:id:uwisizen:20201116060859j:plain

 

「変な顔」(ギソボ)

「お前は、ああいうのがタイプか」(ギフ)

「大笑いしている顔(写真)はいいと言ったが、

まさかこういうことになるとは思わなかった」(ギボ)

「うちの息子の、どこがよかったの?」(ジツボ)

「私だったら、ケッコンしない」(アイカタの友人)

 

イカタから伝え聞いた、言葉の数々。

さんざんな言われようである。

 

そりゃそうです。

ナガツカキョーゾー、モリモトレオを、崩した顔なんですから。

「ブサイク」非モテとを自虐ネタにして幾年月。

 

それでも、蓼食う虫も好きずき。

宇宙始まって以来の奇跡だと思っている。

「ケッコンしていただいた」と、いつも思っている。

 

f:id:uwisizen:20201116061055j:plain

 

もしも、「蓼食う虫」がいなかったとしたら … 。

 

考えただけでも、おそろしいことである。

今の自分は、存在しない。

イカタに感謝、感謝。

有為自然 596   ♫ 友よ 夜明け前の 闇の中で …

  ♫ 友よ 夜明け前の 闇の中で 

 

f:id:uwisizen:20201114145420j:plain

 

朝は、絶対に強い。

毎日、早朝太極拳をやっているからだ。

たまに、早朝ウォーキングをやることもある。

三日月、明けの明星、オリオン座 … 。

夜明け前の空に、星が輝いている。

 

夏だと、4時台には明るくなる。

今は、暗い。

夕闇が早くやってきて、夜が明けるのは遅い。

1年のなかで、暗闇が最も長い時期である。 

 

さて、世の中は、闇が深くなっているのか。

それとも、明かりが少し見えてきたのか。

 みなさんは、どうお思いですか。

 

「例のあの人」が、この秋に去った。

彼を支えてきた中心人物が、そのあとを引き継いだ。

 

そして、あってはならないことが起きた。

3人カンジョではない。

6人ハイジョ。

世の中の反応は、驚くほど鈍い。

 

f:id:uwisizen:20201114145444j:plain

 

「どこまで続くぬかるみぞ」と思った。

この歌、若い人は、知らないだろうな。

軍歌「討匪行」の出だしである。

 

次に浮かんだのが、「友よ」(岡林信康である。

ウォーキングのときに、頭の中を流れる。

 

 ♫ 友よ 夜明け前の 闇の中で

   友よ たたかいの 炎を燃やせ

   夜明けは近い 夜明けは近い

   友よ この闇の向こうには

   友よ かがやく明日がある

 

ちょっと上の世代が若い頃に、流行った。

 

われわれ世代は、「夜明け」を感じることなく朽ち果てていくのか。

と、ずっと思ってきた。

最近、ほんの少し「明かり」を感じるときがある。

 

深まるばかりのような「闇」のなかで、

「かがやく明日」を期待したい。

今が「夜明け前」の「最も深い闇」の時期なのだと、

自分に言い聞かせている。

 

海の向こうでも、「明かり」がさしてきた。

まだまだ、潔くないけれども。

 

ウォーキングの暗がりの中で最近、浮かぶ曲、

それは「友よ」

若いみなさんは、ユー・チューブでどうぞ。