人生百年 有為自然

人生百年。地域づくり、日々の生活、思いなどを中心にしたブログです。

有為自然 146    真夏の炎天下 エンストした車を後ろから押しました

 真夏の炎天下 エンストした車を後ろから押しました

 

f:id:uwisizen:20190825054008j:plain

 

車庫入れ、バック駐車、苦手です。

 

まだイカが、庶民にとって貴重だった昭和の時代。
車の運転、まったく興味がありませんでした。
大学時代の夏休み、実家に帰省したとき、母の一言で免許を取ることに。
「お父さんが自動車教習所に行き始めたから、〇〇も行ったら」

 

いきなり、初日の課程を落とします。
アクセル・ブレーキ・クラッチ・ギヤ … 、何も知らないわけです。

 

クラッチ操作で、足をそっと浮かし … 、
いきなり、エンスト(エンジンストップ) !!

真夏の炎天下、車から外に出されます。
そして車を後ろから押し、教官がエンジンを始動させました。
次からは、大々々 緊張です。
運転がうまくいかないと、足を蹴られました。

 

教官にとって何が気に食わなかったんでしょう。
「車オンチ」の「大学生」というのがイヤだったのか。
見るからにして私は、
「グンタイに入ったら殴られるタイプ」ということだったんでしょう。

 

50歳半ばの義父(故人)が、退職したあと某県の教習所に、
合宿で免許を取りに行きました。
若い教官から、足をけられたそうです。
義父は即座に、「今、何をした!!」と。
そこで、教習は中断。
1日がムダになってしまいました。
教習所の責任者は、義父に平謝り。
その後、義父が教習する時間帯には、
その若い教官を見かけることはなかったということです。

 

義父は、身長150数センチ。
小柄だったので、若い教官はバカにしきっていたのでしょう。
現役の時は、外資系の会社でトップに立つ人物でした。
知力・胆力・ユーモアに秀でて、ひょうきんな性格。
だから、同居も楽でした。

 

今の自動車教習所は、とてもやさしいと聞きます。
そのうちやってくる「高齢者講習」は、どうだろう ?

男に対しては、ダメか。
また、足を蹴られるかナ(笑)
そんなことされたら、「倍返し」してしまうかもしれません。
すると、「免許取り消し」 ?

有為自然 145    ついに やっとのことで 「千日修行」 達成 !!

 

  ついに やっとのことで 「千日修行」 達成 !!

 

f:id:uwisizen:20190824053518j:plain

 

早朝、庭での太極拳

今朝で「1000日目」を達成。

 

2016年11月8日から始めました。

本来なら「8月4日」に「1000日目」になるはずでした。

20日遅れ」です。

 

うっかり忘れたのは、10回程度と思っていましたが。

カレンダーを見て、計算してみると20回

「1日も休まず」ではありません。

それでも「千日修行」、ホッとしています。

 

忘れたのは、平均して50日に1回

中断の原因は、雨、蚊、病気、部屋の狭さ、忘れなど。

戸外に出ない時、すぐ始めず、

あとに回してしまうと、「ついうっかり」ということになったのです。

 

最大の敵は、「蚊」

太極拳「超スローな動き」ですから、目の前でが止まり血を吸うのが見えます。

そこで今年は、腰に「電子蚊取り」蚊取り線香の2つを下げています。

 

「吉法師」(信長)の腰のヒョウタみたいなもんです(笑)

八つ墓村の落ち武者姿 ?

あれは、頭か。

耳たぶや首筋には蚊よけスプレー

家の中に戻ってくる時の、蚊の侵入にも気をつけています。

 

太極拳呼吸法が大事。

思いっきり「煙」を吸ってしまいます。

かえって、健康に良くない(笑)

 

身体を動かすことが苦手で、何をやっても「三日坊主」

中断しながらも、よくぞ頑張った。

明日からまた、新たな「千日修行」です。

 

  ブログも 「千日修行」 ?

 

以前のブログは、「966回」でやめました。

「クロー、ムだ !!」。

コメントはわずか「71」です。

反応「ナイ !!」

すごいでしょう(笑)

まさに「孤独のブログ」

ここまで続けるなんて「アホ」です。

「千日苦行」

大学の教授から勧められて始めたために、やめるにやめられず。

 

「石の上にも3年」「1000回」という区切りで、やめる !! ことに。

ところが、もう一歩で「千回」というとき、「ブログサービスの終了」予告

救いの手が差し伸べられ、やめました。

 

はてなブログを始めたら、いろんな方のコメント☆印

皆さんの言葉に励まされ、ブログが次第に「楽しみ」になってきました。

今後ともよろしくお願いします。

 

有為自然 144    ウサギとカメ どっち ?

 

   ウサギとカメ どっち ?

f:id:uwisizen:20190823053516j:plain

 

事件・事故を起こした人間の「人物」報道。

 

知人や近所の人が「こんな人だった」と語っています。

万が一、自分が何か起こしたら、あるいは巻き込まれたら、

いったいどんな風に報道されるんだろう ?

皆さん、考えたことありますか ?

 

「穏やかな人」と思われています。

ところがどうして、「切れた」ことが何度もありました。

いつも温和に見えるだけに、その反動は大きい。

 

「瞬間湯沸かし器」、いやマッチポンプならぬ「火炎消火器」

怒ってしまってから、即座に「鎮火」にまわります。

いつも、「爆発」しないように心がけていたのですが … 。

最近は、そんなエネルギーもなし。

 

粘着質ではありません。

すぐ忘れてしまいます。

恨みつらみも、あまり長続きしません。

簡単に許してしまいます。

 

几帳面ズボラ

鈍感過敏

神経質と無神経

穏やかであり、激しい …

カメであり、ウサギでもある。

△〇的(いまや禁句?)、軽い「〇ドウイツ〇障害」 ?

 

極端に相反する人格が同居しています。

それらをうまくコントロールしていくしかないか。

有為自然 143    ネコの死骸をよけたら 「なに、煽ってんだ!!」 …

ネコの死骸をよけたら 「なに、煽ってんだ!!」 …

 

f:id:uwisizen:20190822054201j:plain

 

またまた煽り運転のニュース。

 

ネコの死骸をよけたら、後続車に追いかけられたことがあります。

一般道でしたが、車を止められ、ドアを開けられました。

恐ろしい形相で、「何、煽ってんだよ」

「猫の死骸をよけたんです」と答えました。

しばらくの沈黙のあと、若い男は去っていきました。

あのときの「恐怖体験」は、忘れられません。

 

最近の車は、自動ロックされると聞きました。

次は、自動ロック、ドライブレコーダーを確認して、車を買おうと思っています。

「返納」が話題になっているのに、まだ「購入」 !?

 

さて今回の事件、「殺人未遂罪」を適用してもよいのではないかと思っています。

時速百キロ前後で走行する高速道路

そんなところで煽り、また停車させたら、一歩間違えば「死亡事故」

関係ない車を巻き添えにする危険性もあります。

 

死亡事故が起きると、十分に予想されるわけですから、

未必の故意による「殺人未遂」とすべきでしょう。

 

一刻も早く、「煽り運転」を取り締まるための法改正もしてほしい。

それをしない国会議員は、まさに職務怠慢

「不作為の罪」 !!

 

もともと、スピード恐怖症なので、高速道路は苦手です。

できるだけ高速道路は避けています。

 

こういう事件の裁判こそ、裁判員裁判にしてほしいと思いませんか。

社会的に見て重大な犯罪なのですから。

 

モリカケなどの重大事件も「裁判員裁判」にできるのであれば、

市民目線で判決を下せるでしょう。

煽り運転」問題から話題がそれてしまいました。

 

今日は、大真面目に「世の中のこと」に言及しました。

有為自然 142    20数年 … 「絶滅種」「記憶遺産」 ?

   20数年 … 「絶滅種」「記憶遺産」 ?

f:id:uwisizen:20190821045239j:plain

 

1990年代のはじめから取り組んできた「◇の〇〇」に、
いったん区切りをつけることにしました。
退職して現場から離れたために、動きようがないのです。

「研究会」の解散。
現場の人たちは多忙で、会を動かしていく余裕がありません。

最後の「研究会」のあと、講演者の大学教授もまじえて打ち上げ。
教授の教え子、20代の女性も参加。
なんと彼女は今、私のかつての職場に勤務しているとのこと。
奇遇です。
その職場も数年後には「消える」のです。
私たち下々の職員が、20数年、努力して築いてきたことも「消滅」 ?

「1円」もかけずにできる「改革」を、
「行政」はつぶしてしまう、何てことだ … と、思ってしまいます。

帰りの電車。
一人、考え込んでしまいました。

あんなに前向きで、元気な若い人がいるのに。
これまでやってきたことを、バトンタッチできないなんて … 。

絶滅危惧種ではなく、いまや「絶滅種」になろうとしています。
「絶滅寸前」のものとは ?
「記憶遺産」として、そのうちブログで綴るつもりです。

何のことかわからない文章で申し訳ありません。
決心がついたら、書き始めます。
私の元の職業のことも。

一晩寝て起きて目が覚めても … 。

「記憶遺産」で消滅するのは、悔しい!!
何とかできないものかと、ついつい考えてしまいます。

有為自然 141    明るく陽気に いきましょう ♫

 

   明るく陽気に いきましょう 

 

f:id:uwisizen:20190819164553j:plain

 

草刈り・剪定ボランティア。

「雨天中止」の判断がわずらわしいので、

7月から、毎月「第〇 ◆曜日」に行うことにしました。

雨天の場合も、「飲み会」だけは行うことに。

買出しを行うかどうか、迷わずにすみます。

 

集会所予約を毎月するのは大変なので、1年分まとめて自治会に届けました。

メンバーから寄せられる「参加・不参加メール」に対する「返信」も省略。

30余人に一々返信するのは、大変だからです。

 

「まとめ役」の仕事は、できるだけ簡略にする。

そうしなければ、長続きしません。

 

毎月1回のボランティアは、「情報交換」の場にもなっています。

 

「空き家問題」が話題になりました。

市役所に問い合わせた人もいます。

まずは家主さんに、年に1度は業者による剪定をしていただく。

日常的には、ボランティアが手入れできるように、

家主さんに敷地内への立ち入りを許可してもらえないか。

 

後日談です。

市役所に出かけて「空き家」のことを話しました。

家主さんに連絡したら「すでに業者に依頼している」とのこと。

「ボランティアによる手入れのこと」を話してもらいましたが、

家主さんに断られたそうです。

家主さんの家庭には、それなりの事情があるように感じられます。

「空き家問題」は難しい。

何か手はないかと、考えているのですが … 。

 

自治会の改革は、どうなった?」という質問も出ました。

これも、役員会の動きを静かに待つしかありません。

自治会を検討する会は、年内に発足でできれば」という気持ちでいます。

「夏祭り」で会長さんらに会ったら、

「その後、検討会の話はどうなりました?」とさりげなく聞くことにしました。

 

別な広場の草刈り。

広場の前の家の人(ボランティア仲間ではない、テニスサークルの方)が、

草刈り機の「電源、いつでも使っていいよ」と言ってくださいました。

ありがたいことです。

 

綴っているうちに、ぴろき「明るく陽気に、いきましょう」が、

ふっと、頭の中に浮かびました。

 

 

有為自然 140    生まれて初めての ラブレター …

 

   生まれて初めての ラブレター …

 

f:id:uwisizen:20190819054511j:plain

 

『ヨーコさんの言葉 じゃ、どうする』佐野洋子・文  北村裕花・絵  講談社 2018年

 

「ヨーコさんの言葉」シリーズ、『じゃ、どうする』も借りてきました。

 

で、私、 男に対して 偏見がある。

ハンサムで姿のいいのは、 バカである、 見ただけでバカ、

と思ってしまう悪い癖がある。

一流大学出は、 大人になりそこなうという 強い思い込み。

金持ちのボンは 腰抜けという先入観。

 

ハンサム、…大学、金持ちではないは、ついつい同感してしまいます。

しかし、この話のヨーコさんの結論はどうなるか。

本を手にとって、ご覧になってください。

次は、別な話。

 

父親に連れられて 芹沢君はくにに帰った。

その時、たったあれだけのことを

芹沢君は忘れなかったのかと思うと 胸がつまった。

   …

すっかり大人びて はきはきした青年になっていた。

「ときどき遊びにきても いいですか」と言った。

「いいわよ、秋に結婚するの、 彼と友だちになればいい」

私は明るすぎる声で 言ったかもしれない。

まだ日の高い街で 手を振って別れた。

そのすぐあと、 生まれて初めてのラブレターを 芹沢くんからもらった。

「もう東京には行きません」と最後に書いてあった。

 

そう言えば、「ラブレター」もらったことないなァ(笑)

「たったあれだけのこと」を、自分のような男は勘違いするんです(笑)

 

「どうして、ここの人、 みんな親切なのかしら」

「暇だからじゃない」

そういえば、 みんな暇そうだったなあ。

でも、忙しいのより 暇のほうがいいなあ。

 

そういえば、 キオスクのおばさん 忙しそうだったなあ。

忙しいと、ムシャクシャするんだ。

忙しいと おっかなくなるなあ。

 

暇な人って人相がいい。

私も暇にして、 いい人相して、

人に道なんか、 ていねいに 教えてあげたい。

 

「忙」という字は、「心が亡い」という意味だって、誰かが話していた。 

仕事をしていたころは、

月に100時間近くの「サービス 時間外労働」「持ち返えり仕事」は、当たり前。

ほんとうに、余裕がなかった。

退職してからは、毎日が日曜日。

いい人相をして暮らしたいものです。

 

   131~140 記事一覧

 

131 同級生の「身代わり」で体育教官室へ。 ばれて、説教される。

132 生徒総会で「下駄ばき登校を認めよ」。 バンカラの気風がまだ残っていた。

133 眠っていると、かすかに足音がして … 。 毎夜、襲う「金縛り」の恐怖。

134 『ヨーコさんの言葉』大好きです !!

135  カケッコでビリ。大好きな先生から「〇〇くん、たいしたことないはねぇ」と。

136 タカサゴユリは、父を思い出させる花です。 父のグンタイ経験の話。

137 「俺はあん畜生を、一生許さねえぜ … 」 『ヨーコさんの言葉』から。

138 ツナギを着て「汲み取り式トイレ」に行って財布を落とした。そのあとは?

139 みんなで「ハッピーバースデーツーユー~ ♫ 」 草刈り・剪定ボランティア。

140 生まれて初めてのラブレター。 もらったことないなァ。