人生百年 有為自然

人生百年。地域づくり、日々の生活、思いなどを中心にしたブログです。

有為自然 298   合否判定会議で 大激論     話(12)

  合否判定会議で 大激論     話(12)

 

f:id:uwisizen:20200122163902j:plain

 

ニュースを見ていて、

「聖マリアンナ … 」から「不正マリアンナ … 」と連想してしまいました。

そこで、コーコーニューシゴーヒハンテーカイギのことを取り上げて見ます。

 

Kセンセーの話です。

10月に中途採用されて、半年もたたない2月のこと。

コーコーニューシのゴーヒハンテーカイギ

 

受験番号、国社数理英の5教科の点数、合計点を一覧表にした資料が、

ハンテーカイギに出されるそうです。

 

ゴーヒの議論の対象となるのは、

おもに「合格者数の前後」の順位のジュケンセー。

 

例えば、400人が合格だとすれば、合計点の順位が381~420番あたり。

400番内であったとしても、

英語や数学が0点やわずかの点数だった場合に、入れ替える。

当時は、そういうこともあったそうです。

 

ところが、彼が驚いたのは、上位100番程度のジュケンセーなのに、

中学時代の欠席日数の多さが問題になった。

まだ不登校が、それほど問題にならない時代の話です。

年配のキョーシが、「このセートは欠席が多いので、

コーコー生活は続かないだろう。

だから、不合格にした方がいい」と発言。

 

Kセンセーは内心、「冗談だろ」と思ったそうです。

そこで手を上げて、

「このセートが受験したということは、コーコーで学ぶ意志があるということです。

それなのに、欠席が多いからといって、不合格にするのはおかしい」と。

 

何人かの年配のキョーシから、「不合格」に同調する意見。

Kセンセーは、最後にコーチョーに向かって、

「もしこれが裁判になったら、コーコー側は負けますよ」と。

欠席日数が合否の基準に入ると、事前に明示されていないわけですから。

 

コーチョーは、元々、不合格にする気などなかったようです。

そのジュケンセーは、合格。

結果的に、問題になるような結論ではなかった。

しかもそのセートは、コーコーも卒業できたそうです。

 

現在のコーコーニューシでは、「問題用紙」の持ち帰りが認められ、

「情報公開制度」によって、

ジュケンセー自身が自分の得点を知ることができます。

上記のようなことはあり得ません。

 

Kセンセーの最初のドン・キホーテぶり。

彼にとっては、一生忘れることのできない会議になりました。

ジュケンについての話は、そのうちにまた。

有為自然 297   すでに〇軒に1軒が 単身世帯になっていた

 すでに〇軒に1軒が 単身世帯になっていた

 

f:id:uwisizen:20200122155300j:plain

 

地域づくり、自治会改革の「実況中継」です。

 

先日、「これからの自治会のあり方を考える会」を開きました。

10月、11月につづき、3回目です。

参加者は、18人から15人、9人と少なくなってしまいました。

しかし、検討すべき課題がだんだん明確になってきています。

 

この間、わかったことで驚いたのは、

すでに「〇軒に1軒は、単身世帯」なのだそうです。

そこまで来ていたのか !!

そして、新住民がどんどん増えています。

 

30数年前に、小山を削ってできた団地。

そのときは、ほぼ全戸が加入して自治をつくったそうです。

 

それが、高齢を理由に退会し、

新しく入って来た若い住民には、加入しない世帯も。

このままでは、自治会崩壊」です。

 

退会した世帯や、新住民の未加入者の把握も、きちんとなされていないようです。

どうやったら退会を減らし、どうやって加入者を増やすか。

具体的に動く気配が見えません。

 

集まりの最後の方で、自治会役員の方から、

3月の役員・班長合同会議で、

「考える会」で話し合われたことの経過報告をしてほしいと言われました。

 

そこで次回の2月の集まり(4回目)は、

これまで出された意見を整理することになりました。

 

その後、3月から12月まで、

テーマごとに具体的な案をつくっていこうと考えています。

ようやく動き出せるな、という感じです。

 

自治会改革の具体案は、随時、ブログでも紹介していきます。

実況中継は、続きます。

 

有為自然 296   一度 DNA検査 やってみたいと思いませんか !?

一度 DNA検査 やってみたいと思いませんか !?

 

f:id:uwisizen:20200121022746j:plain

 

うなる文章というものは、あるものです。

自分の考えをみごとに表現してくれている文章。

 

父親がエジプト人である、師岡カリーマさん

「複合民族」(「東京新聞」2020年1月18日「本音のコラム」)という一文です。

一部の漢字をカタカナ表記にして、紹介します。

 

「 二千年の長きにわたって一つのミンゾク、

一つのオーチョーが続いているクニはここしかない 」

という発言が(また)問題になっている。

 

先住民アイヌを無視しているに等しいとズバリ指摘されているほか、

遺伝子研究の進歩とともに

ニホンが多民族集合体であることもわかっていることから、

この発言が不正確であることはもう分かりきっている。

 

 それよりも気になるのは、

「タンイツミンゾク」の何がそんなに自慢なのか、という点だ。

発言が繰り返されるからには、それが誇るべきことだと信じているのだろう。

それが理解できない。

 

 私の父はエジプト人だが、DNA検査により、

比較的最近の先祖の中にも今の南西ロシアジョージアなどのコーカサス地方

キプロス、トルコ、イラン、中央アジア

さらにサハラ以南アフリカの出身者がいることがわかった。

こうして私を形作る人種のごった煮を、不純だとは思わない。

むしろ体の中に世界史が息づいているのを感じて、謙虚な気持ちになる。

 

では、「純粋な」ニホンジンである母方の先祖は?

これも検査で、モンゴル東南アジア、チョーセン半島などが、

鎖国時代にも混ざったらしい。

こちら側でも、世界史が血管の端々まで脈打っている。

 

ニホンがタンイツミンゾクだと信じたいセージカたちは、

一度DNA検査をしてみたらどうだろう。

自分の中の「世界」に胸がときめくはずだ。

 

そうだ、そうだと思いながら読みました。

自分の血の中にも、アジア各地の人々の痕跡があるだろう。

アフリカ南部までたどりつくのだろうか。

 

アルコールに弱いから△△△△族

祖父が養子に入る前の姓から「妄想」して□□半島

猫背であることからあの◇◇家と縁があるかもしれないと「誇大妄想」 … 。

 

一度、DNA検査をしてみたいものです。

みなさん、どうですか。

自分のルーツをさがしてみたいと思いませんか。

ヘ〇トを繰り返している諸君にも、ぜひ調べてみてほしいと思っています。

 

それにしても、えらいのはジョーコーさんです。

自分の先祖のカンムテンノーの母親タカノノニイガサは、

クダラの王朝の血をひいているということを認める発言をされたことがあります。

さすがです。

 

なお「一つのオーチョー」なのかどうか。

キバミンゾクセーフクオーチョー説や、

複数のオーチョーの交代説などの考え方の方が、面白いと思っています。

 

有為自然 295   久々に 野菜と花のはなし

  久々に 野菜と花のはなし

 

f:id:uwisizen:20200121162348j:plain

 

久々に、庭と家の周りの野菜と、草花のはなし。

 

ブロッコリーの茎を2本、初収穫。

金網と防虫ネットで囲っていたのに、

一時、ムクドリに入り込まれて、焦りました。

今は、隙間をふさいだので、安心です。

 

 

芽キャベツ2株は、今一つ。

ノラボウ菜は、間引き菜にして食べています。

買ってきたネギの根元を切って植えたものが4本、これも何度も切って食べました。

まだ大丈夫です。

家の中で、さらにネギの根っこを3本、育てています。

近いうちに畑に植え替える予定です。

ニラは、冬眠中。

 

学校の生徒さんが育てて、植えた残りのノースポール

廃棄処分になる予定の苗を植えました。

17本が、小さな白い花を一つずつ咲かせ、春が来るのを待っています。

 

生垣の根元に植えたスイセン

ネコがフンをしたらしい。

土が激しく掘られていました。

あわてて、ネコ忌避剤をまいてまわります。

ネコは大好きなのですが、「お便り」は絶対イヤです。

 

 

f:id:uwisizen:20200121162414j:plain

 

分球したスイセンの球根。

もったいない、もったいないと、

生垣の隙間など、家の周りに植えてまわりました。

出てきた芽を数えると、79本

残った小さな球根は、泣く泣くコンポスターへ。

 

水耕栽培ヒヤシンスから分球した球根。

花壇に植えて、今、12本に。

 

昨夏のこぼれ種から生えた黄色の花、8本。

名前を思い出せない。

 

昨年末、ホームセンターで買った花は、ビオラ10本だけです。

1本は枯れてしまいました。

 

大寒を過ぎました。

日も少しずつ長くなり、春が近づいています。

花々もどんどんを出しているので、気分がウキウキしてきますね。

 

有為自然 294   あなた、往く人  私、少し遅れて往く人  …

 あなた、往く人  私、少し遅れて往く人  …

 

f:id:uwisizen:20200118050045j:plain

 

 

昨日のブログの(  )の解答は、「胸」です。

お二人から「こころ」という答がありました。

正解に近いと思います。

「自分の(胸)を押さえました」です。

 

さて私は、も信じていません。

しかし、エスにもブッダにも親しみがあります。

自宅の神棚にお供えをあげては、拍手をしています。

 

さて、昨日の『ミトルヒト』のつづきです。

 

「私、あなたと一緒になってよかった」

 

「先生、私まだ生きていていいんですね」

 

「人生いろいろなことがあったけど、

生まれてきてよかった、生きてきてよかった」

 

「先生、お浄土の門を入って左側の白いベンチで、私待ってるから」

「わかった。左側の白いベンチね。そこで待ってるのね」

 

「僕が生まれて、一年後に君が生まれてくれて、そして二人出遭ったよね。

君が生まれて今日まで生きてくれて、本当にありがとう、

それだけは言っておくよ」

 

僧侶である著者が、なぜかくも終末期の医療現場に関わるのか、

本の最後の方になってわかりました。

 

ネタバレになって、申し訳ないのですが、

彼が子どもの時、大病をして寝ているとき、

「十五歳までしか生きることが出来ない」と医者が両親に語るのを、

ふすま越しに聞いたことがあったのです。

その時以来の少年期・青年期。

彼自身に、「暗い体験」があったとわかりました。

 

詳しくは、『ミトルヒト』を手にしてみてください。

次は、最後のページに書かれた言葉。

 

あなた、往く人

わたし、少し遅れて往く人

ともに浄土へ還る人

 

f:id:uwisizen:20200116161343j:plain

 

う~ん、なるほど。

しかし、ムシンロンシャ・ムブツロンシャの私は、どうなるのでしょう(笑)

有為自然 293   ボンさんが 笑った !? 

  ボンさんが 笑った !?

 

f:id:uwisizen:20200116161317j:plain

 

僧侶をしている、高校時代の後輩から勧められた本。

坊さんが書いた本 … 、なかなか読む気になりませんでした。

 

ようやく手にして、思わず笑ってしまいました。

不謹慎ながら、「ボンさんが笑った」という題にしたのです。

 

著者が「終末期医療について考える会」に参加したいと、

会の連絡先に電話したときのことが書かれています。

 

「あなたが悪い人とは思わないが、

患者さんやご家族が、坊さんだけはこの会に参加してほしくないというので、

申し訳ないが遠慮してくれ」と言われました。

縁起でもないと思われたのでしょう。

 

印象に残った話があります。

次に紹介します。

 

小学校二年生の女の子、 …

「うちのお母さん、死んだら終わりなの ?

死んだら腐ったお花になって、枯れて焼かれて捨てられるの ?

   …

「あのね、君のお母さんはかぐや姫さんみたいなんだよ。

もうすぐお月さまに帰る日が近づいているんだよ。 … 」

   …

話を終えると、女の子はお母さんの病室に走って行きました。

「お母さ~ん」とベッドに駆け寄ると、

「お母さんって、かぐや姫さんなの?」と訊きました。

お母さんは亡くなる十日間前くらいで、

ずいぶんやせてしまっていましたが、ほっぺに手を当てて、

「そんなに美人じゃないけどね」と言いました。そして、

「お母さん、お月さまに帰るまでには、もうちょっと時間がるから、

今のうちにいっぱいお話しようね」と言いました。

   …

お母さんが亡くなってしばらくして遊びに来た時、

ちょっと困ったことがありました。

「うちのお母さん、かぐや姫さんみたいにお月様に帰ったって言ったでしょ。

でもうちに来たお坊さんは極楽に行ったって言ってたよ」と言うのです。

そして、隣のおじちゃんは「天国に行った」って言ってたと。

さらに、「電報か何かで、草むらに行ったっていうのもあったよ。

草葉の陰で、っていうやつ。

あと、隣のお姉ちゃんは、お母さんはお星さまになったって。

先生、うちのお母さんはどうなったの ?」と訊かれました。

私は困ってしまい、

「う~ん、ごめん。先生まいった」と言ったら、

「先生、大丈夫」と言って、自分の(  )を押さえました。

「大丈夫、お母さん、ここにいるもん」

   …

 

長い引用になってしまいました。

女の子は、お母さんはどこにいると言ったのでしょう。

(  )に入る言葉は、何だとお思いになりますか。

明日のブログに、答えを載せます。

 

『ミトルヒト 終末期の悲嘆に寄り添う 一人の僧侶の奇跡

(長倉伯博 本願寺出版社 2015年)

 

f:id:uwisizen:20200116161343j:plain

 

有為自然 292   キジュツシケンの採点は たいへん  話(11)

 キジュツシケンの採点は たいへん   話(11)

 

f:id:uwisizen:20200118154019j:plain

 

やっと、首都圏でも雪が降りました。

センター試験の時期、よく雪になりますね。

 

来年からは「大学入学共通試験」。

それにしても、「エーゴの民間試験」や、

「コクゴ・スーガクの記述試験」が中止になってよかったと思っています。

 

K先生は、長年、高校入試の「記述式」の解答を採点してきました。

記号と違って、「記述式」は大変だと言います。

例えば、漢字のハネや点など微妙なところをどうするか。

判断に迷う「記述」の解答が出てくるたびに、

教科のキョーシたちが集まって、あれこれ検討したそうです。

いったん採点が終わると、

今度は、他の教科のキョーシが、別の教科の採点を点検します。

「コクゴカより、シャカイカの方が厳しい」という声がよくあがったそうです。

 

「大学入学共通試験」では、全国50万人の受験生の採点を、

アルバイトを含む1万人の採点者にまかせて、公平・公正にできるのか。

受験生が自己採点することができるのか。

「それは、無理でしょう」というのが、K先生の意見です。

 

「エーゴ民間試験」にしても、受験生や高校のキョーシたちは、

どの会社の「エーゴ試験」を受けたら有利かを考えます。

かねてよりその会社の問題集・教材を購入して、対策をたてるでしょう。

「記述試験」の方も、ベ〇ッセの教材・問題集を活用するでしょう。

結局、導入されようとした制度は、民間企業を儲けさせる話なのです。

 

彼が最後に勤務したコーコーも、

ベ〇ッセの「学力テスト・調査」を導入したそうです。

他のコーコーが導入すると、焦ってしまうんですね。

コーコーの大学進学実績を伸ばすために、やむをえないと。

 

大学入学共通試験の「エーゴ民間試験」と、「コクスーの記述試験」の中止。

昨年、スカッとしたことの一つです。

コーコーセーやキョーシ、シミンの声で、悪い流れにストップをかけたのですから。

一番の功労者は、あの「ミノタケ」発言のダイジンですけどね。

 

ただ今後、どのような大学入試制度にするのか、

コーコーセー、現場のキョーシの声も参考にして、

セージカや私キギョーから離れた、

独立した機関によって検討されるべきだと思います。