人生百年 有為自然

人生百年。地域づくり、日々の生活、思いなどを中心にしたブログです。

706  ガキの使いじゃねえんだ 出てこい

  ガキの使いじゃねえんだ 出てこい

 

f:id:uwisizen:20210621085910j:plain

 

訪問セールスのトラブル。

 

自宅の外壁塗装を考えていた時のことです。

ちょうど塗装業者が来ました。

「無料見積もり」をしてあげるとのこと。

比較するために、「お願いします」と言ってしまいました。

 

すると何人もの職人を引き連れて、見積もり。

自宅の庭で、大声で会社に電話。

最後に、「ここに、印を押してくれ」と。

 

雰囲気がいやな感じだったので、次に来た時にインターホン越しに、

「別な業者に、お願いしました」と断りました。

すると、ガキの使いじゃねぇんだ。出てこい」と。

インターホン越しの言い合いになり、切りました。

 

そのあと会社あてに、内容証明付きの「お断り」を郵送。

近隣に住んでいる担当者にも電話。

それで、決着しました。

 

近所で、その業者さんで塗装された方もいるようです。

でもあのとき、わが家に来て凄んだ人物には驚きました。

「出てこい!!」には、本当に恐怖感。

先日の「屋根が壊れてますよ」と言って来た兄ちゃんとは、また違います。

 

それ以来、「いつもお願いしている業者さんがいます」と言って、対応。

実際に、出入りの業者さんはいます。

いない場合でも、この言葉は効き目がありますね。

 

f:id:uwisizen:20210621085937j:plain

 

電話でのセールスのときは、

「父がいないので、わかりません」が常套手段でした。

声は、まだ若いのです(笑)

さすがに最近は、そういう対応したことありませんが … 。

有為自然 705  怪しい訪問セールス 来てませんか ?

  怪しい訪問セールス 来てませんか ?

 

f:id:uwisizen:20210619221149j:plain

 

生垣の病虫害について、市の担当部門の方に相談の電話をしていました。

すると、玄関を激しく叩く音。

わが家は、セールスの訪問を避けるために、

壊れて以後、インターホンを修理していません。

 

「玄関に人が来たので、電話をあとでかけ直します」といって切りました。

自治会の三役を引き受けた身です。

自治会員かもしれない。

出ないわけにはいきません。

 

玄関に行くと、若い男。

「近くで工事をしているものです。

うるさいという苦情があったので、挨拶をしてまわっています。

お宅の屋根を上の工事現場から見たら、はがれています。

確認した方がいいですよ。

梯子を持ってきているので、上がってみてあげましょうか」

 

「どこですか ? こちらからは、見えませんね」

南側から見ても北側から見ても、壊れた部分が見えません。

 

「うちは、出入りの業者がいるので、見てもらいます」

   「○○ホームさんですか。うちは、その下請けなんです」

「○○ホームで建ててもらいましたが、今は、別な業者です」

   「どこですか?」

「しっかりしたところです。外壁塗装などもやってもらっています」

   「雨が降りますから、急いだほうがいいですよ」

 

別れ際に、その若い男が握手を求めてきました。

「今は、これでしょう」と、裏拳にして腕を見せる。

笑って、別れます。

 

玄関を閉め、ガラス越しに外を見ると、

同じグループとみられる若者がニヤニヤ笑いながら、

彼に近づき何か話しながら消えていきました。

これは、「例のやつ」か。

 

しかし、不安になったので、いつもお願いしている業者さんに電話。

すると、

「コロナが流行ってから、60数件も相談を受けました。

全部、詐欺です」と。

 

夜、80歳近いボランティア仲間から、メールが来ました。

「怪しい業者が来ました。

みんなにも知らせ、警察にも相談しようかと考えています」と。

 

早速、メールをくださった方に電話しました。

いろいろ話したら、同じ時間帯に、同じ人間たち

最初にインターホーン出た奥様に対して、しつこかったそうです。

私がみんなにメールし、彼が警察に相談することにしました。

 

その後、自治会長から電話があったので、この件も伝えておきました。

すると、自治会長も昨年、同様の訪問を受けたという話です。

85歳のボランティア仲間からは、

5~6年前に同様の訪問があったと返信メール。

 

梅雨の時期の「屋根壊れ詐欺」にご注意ください。

「ご近所さん」同士の情報は、大切ですね。

 

f:id:uwisizen:20210619221212j:plain

 

「人は石垣、人は城」です。

 

「出入りの業者さんがいます」

「いつも頼んでいる業者さんがいます」

これが、一番有効な「撃退の言葉」です。

 

そういえば、

セールス業者に脅されたことを思い出しました。

次の記事にします。

 

 

有為自然 704  ようやく 完了 !!  そろそろ「手のひら返し」が始まる ?

  ようやく 完了!! そろそろ「手のひら返し」 ?

 

f:id:uwisizen:20210617064805j:plain

 

わが家の近くの道路わきの花壇に、

マリーゴールド11苗を追加で植えました。

これは一人で、もくもくと。

 

次の日、支援学校の生徒さん2人・先生1人と一緒に、バス停近くの花壇

関東は、やっと梅雨入り。

雨が降ったので大丈夫と思いきや、

苗を植えるために穴を掘ると、中の土はカラカラでした。

あわててジョーロ3つに水を入れて、車で運びます。

 

サガミハラ事件をきっかけに、交流を始めた支援学校。

生徒は毎年変わります。

今回の2人も、大人しい生徒たちでした。

「生徒が一般の人たちと触れ合う機会を大切にしたい」。

以前、副校長先生が話しておられました。

 

これで、初夏の花植えは完了です。

次回は晩秋。

 

それまでは、ウォーキングの途中に草を抜くぐらいです。

マリーゴールド120余

ゼフィランサスタマスダレ400余が元気に育つことを願っています。

 

それにしても地域花壇、4か所9面は多すぎました。

今年は自治会の役員の仕事と重なるために、超多忙です。

 

そんななか、世の中は風雲急を告げています。

終に、突入宣言が出ましたね。

しかも、有観客で。

もう、どうにも止まらない … 。

 

f:id:uwisizen:20210617064825j:plain

 

そろそろ、メディアの「手のひら返し」が始まるのかな。

歴史の現局面をしっかり見ておこうと思っています。

 

有為自然 703  「ゴリハラ」って 知ってました ?  

  「ゴリハラ」って 知ってました ?

 

f:id:uwisizen:20210615171408j:plain

 

今日は、「ウイシゼン ドクハクの時間」になるかもしれません。

草や花に触れているときは、すっかり忘れているのですが … 。

 

「ゴリハラ」って、何 ?

ゴリラの腹 ?

ゴリゴリのハラスメント ?

「ゴリンハラスメント」なんだそうです。

「ゴリン」と言えば、無理を通せる。

「ゴリン」が通れば、道理ひっこむ。

 

みんな言葉をつくるの、うまいなぁ。

ゴリンが始まったら、

「テレワークデイズ」、いや「一億総我慢デイズ」

感心します。

いや、感心している場合じゃないか。

 

壮大な「アンフェアショー」

公平性なし。

外国選手は、大会直前に入国。

試合会場での、事前の練習時間の不公平。

高温多湿の「猛暑」。

練習パートナーの不在。

陸上のアフリカ選手権中止。

台湾・オーストリア・中国が、野球辞退。

 

そして、ニホンのメダルラッシュ !!

「ニッポン、スゴイ!!」の連日報道。

シラケドリが飛ぶのは、 … ほんの一部の人間になるのか。

 

猛暑の中、81万人の子どもを観戦動員計画。

ゴリン版「学徒動員」。

 

まだまだなくならない、パブリックブーイング。 

 

「サーフィン会場でフェス開催、ドンチャン騒ぎ容認」というニュースも。

一般国民は「欲しがりません勝つまでは」の中、

海岸で飲めや歌えの大騒ぎ ?

 

10万人近い外国人の入国。

バブル(泡)で包んだ移動 ?

選手村やホテルから、一切出ない ?

コ○○―ムを配って、濃密接触禁止 ?

トーキョー変異株による、世界的パンデミックは ?

 

f:id:uwisizen:20210615171430j:plain

 

ゴリン観客が地方からトーキョーへ押し寄せ、地方へ帰る。

わが家では田舎の身内から、「帰ってくるな」と強く言われている。

それなのに、セーフはゴリンに「おいで、おいで」。

ゴーツートラブルと同じか。

お盆の季節ともぶつかる。

 

何がなんでもやる。

 

やると思えば、どこまでやるさ、

それが○○の意気地じゃないか。

 

古いなぁ(笑)

 

歴史のこの局面を、睨み続けるしかない。

その中で自分にできることは、いったい何 ?

有為自然 702  地域花壇  継続は宝なり

    地域花壇  継続は宝なり

 

f:id:uwisizen:20210615045613j:plain

 

連日の地域花壇づくり。

4か所9面。

 

さすがに疲れます。

いつもは夜半に一度は起きるのに、泥のように爆睡。

この程度の作業で、こんなに疲れるのか。

頭の中で描いた作業量と、実際とは違います。

やっぱり、年齢のせいか。

 

花壇づくりの作業で、よかったこと。

5人の方が手伝って下さったこと。

一人だったら、ダウンでした。

 

次によかったこと。

花壇の作業の途中に、アラセブと思われるダンセーが来ました。

「草刈り・剪定ボランティアに加入したいのですが、

どんな手続きをすればいいのですか」と。

 

「連絡用のメールアドレスを教えて下さるだけでいいんですよ。

毎月第○ ◇曜日の午後、作業しています。

近づいたら、お知らせメールを送ります」

 

これで30人目です。

本当は、31人目。

コロナの流行が始まったころに、お一人亡くなられたのです。

これから一緒にやれると思っていたのに … 。

 

コロナのために、ボランティア仲間はずっと増えてませんでした。

ですから久々のことです。

 

そしてさらに感激したのは、道路わきの「キメツの花壇」でのこと。

作業をしていると、目の前の家のジョセーから声がかかりました。

「水を運んでこられるのは、大変でしょう。

わが家のホースと水を使ってください」と。

「ありがとうございます。助かります」と即答。

 

f:id:uwisizen:20210613135403j:plain

 

これまでは車で、水を入れたジョーロ3つと、バケツ1つを運んでいました。

わが家から数回。

 

土はカラカラに乾燥しています。

お借りしたホースでたっぷり水をかけてから、

マリーゴールドの苗30本ほどを植えました。

長さ10数メートルの花壇ですから、本当に助かりました。

ジョセーは、これまでもときどき水をやって下さっていたとのことでした。

 

いや~、青天の霹靂、ではなく干天に慈雨。

「カラカラの花壇に、ホースの水」でした。

年2回の苗植えのときは、どうしても大量の水が必要になります。

次回もお願いしました。

 

また一人、いや二人、知り合いが増えました。

「継続は、力なり」であると同時に、

「継続は、宝なり」

ブロ友さんの言葉。

 本当にそうですね。

 

地域で、「人という宝」が増え続けています。

自治会員名簿に〇印をつけたら、

知り合いになった人が90名ほどになっていました。

もう「ぼっち住民」ではありません(笑)

 

有為自然 701  真夏日の 花咲かジジイたち 気楽に無理なく

  真夏日の 花咲かジジイたち  気楽に無理なく

 

f:id:uwisizen:20210612063719j:plain

 

昨年の夏はコロナのために、ボランティアへの、

市からの花の苗の配布は中止。

ボランティア活動による「密」を避けるため。

そのため、昨年は老人会のカネで、苗を購入しました。

今年は、市からの苗の配布が再開。

マリーゴールドだけ、100苗を注文。

 

集会所前の花壇。

路地のわきの細長い花壇に、タマスダレを移植。

植えっぱなしにするので、あとは草取りだけ。

 

他の2面は、マリーゴールドを植える準備。

まだ残っていたビオラを抜き取り、耕します。

2時間程度の作業を、もくもくと一人で。

花咲かジジイの再起動です。

 

2日目は、市から花の苗が配布される日。

先日の「一人作業」に疲れたので、

「どなたか一緒に作業できる方、いらっしゃいませんか」と送信。

すると、2人の「助っ人」

午前8時半から、バス停近くの花壇4面。

花と草を抜き取り、堆肥の混じった土を入れました。

「助っ人」2人は、私と違って几帳面。

周囲の草もきれいに抜き取ってくれました。

 

午後2時半、市の委託業者が花の苗をもってきました。

3時から、集会所前の花壇2面に、マリーゴールドを約40苗。

この時は、また別の「助っ人」2人。

 

終了後に、以前、ガキとイヌに足跡をつけられた「キメツの花壇」へ。

こちらは、一人で。

花と草を抜き取り、堆肥を含む土を入れます。

 

f:id:uwisizen:20210612063739j:plain

 

翌朝、30苗ほどのマリーゴールドの植えつけ。

こちらは、またまた別の「助っ人」1人。

 

計5人が、助けてくれました。

時間がある人が、気楽に無理なく参加。

これが一番です。

と言いながら、自分は「無理」しています(笑)。

 

実は、「もっといい話」があったのです。

どんな話でしょう ?

その話は、次回に。

有為自然 700  もういいかい  小椋佳  … そして 700記事目

  もういいかい  小椋佳  … そして 700記事目

 

f:id:uwisizen:20210608064257j:plain

 

これまで一番足を運んでいるのは、小三治さんの落語。

次は、小椋佳さんのコンサート。

ただし、小椋さんは数回のことですが … 。

 

両方とも安心して聞くことができました。

周りは、薄い人白い人だらけ。

 

小椋さんのコンサートがあったら、また行きたいと思っていましたが、

もう引退とのこと。

NHKの「もいういいかい 小椋佳 ファイナル」を観ました。

シクラメンのかほりは、小椋さんの歌の方が断然好きです。

 

番組にナターシャ・グジーが出たので、ビックリ。

かつて彼女の歌を生で聞いたことがあります。

高音の声と美貌と白さに、

会場のおばさまたちがため息をついていたのを思い出しました。

もちろん、わたしも彼女の魅力のとりこになりました。

ご存知ない方は、一度検索してみてください。

 

f:id:uwisizen:20210608064314j:plain

 

話し変わって、

ブログの毎日更新を600日でやめて、今は奇数日更新。

あれから200余日たちました。

4月の急性腸炎のとき1週間ほど休みましたが、

今日で700記事になります。

 

「歯を磨くように、勉強しろ」

ドラゴン桜に出てくる言葉です。

太極拳は、そうなりました。

全く苦になりません。

起床30分後に血圧を測定し、その後、庭に出て太極拳

 

ウォーキングは、週のうち半分はやっています。

体調をくずしたのと、雨の日などのために、少しペースダウン。

 

血圧は、なかなか下がりません。

最近2週間の平均が、141.6/90.3

最初の目標値「140/90」を若干、上回っています。

むずかしいですね。

 

新しい挑戦の「絶酒」は続いています。

この70日間ほどの間に3回飲んだだけ。

急性腸炎で飲めなかった1カ月を除くと、約40日間で3日。

週に1回ぐらいは飲もうかな … 。

しかし、リバウンドがこわい。

アルコールを完全にアンダーコントロールできるようになるには、どうすればいいか。

迷うところです。

 

血圧測定、太極拳、ウォーキング、ブログ、飲酒のコントロール … 。

すべての「有為」が、「自然」の状態になってほしいと思っています。

花壇・草刈り・剪定ボランティアも、自治会改革も … 。

家事は毎日やりますが、断捨離が思うようにはかどりません。

 

それにしても、温泉に行きたい。

コロナよ、早く去れ !!

この際、セーケンも一緒に !!

 

支離滅裂、とりとめもないことを綴る、700記事目でした。

 

   691 ~ 700  記事一覧

 

691 そこに山があるから登る  孔子 孟子 鷹山 最澄 …

692 言葉の乱舞 !!  犠牲 イエス さざ波 屁 種の保存

693 小骨を抜いてくれて ありがとう ○月○日は △△記念日

694 やっと「宿題」が終わった 『100分で名著 資本論

695 最年長は85歳 アラセブ世代も みな元気

696 代々木公園で いったい何が ?  唖然 !!

697 なつかしい !!  青春の書 実存主義とは何か』

698 うったど ~ !!  ワクチン接種1回目

699 「80代」も 怖くない !!

700 もういいかい 小椋佳  そして ブログ記事700回目