人生百年 有為自然

人生百年。地域づくり、日々の生活、思いなどを中心にしたブログです。

有為自然 463  鍵を解く 数字は ?

  鍵を解く 数字は ?

 

f:id:uwisizen:20200706072134j:plain

 

Kセンセーの「ケンポーコーザ」の1回目です。

以下、Kセンセーが語ります。

 

とか法律とか、とにかく苦手でした。

細かい文字が、ぎっしりつまったもの。

めんどうくさいもの。

進路を考えるとき、法学部を考えたことは一度もありませんでした。

 

大学時代、キョーインメンキョをとるための「必須科目」ということで、

「ケンポー概論」というものを受講。

登録して、ときどき出席して、レポート出して終わり。

ほとんど覚えていません。

小中高校時代、「ケンポー」をまるごと習ったという記憶もありません。

それなのに、シャカイカキョーシになると、

ケンポーを教えなければならないのです。

 

シャカイカキョーシでありながら、

ケンポーの条文の数がいくつあるかさえ、知りませんでした。

 

学習会の講師を引き受けてから、勉強を始めました。

新しく知ることの連続です。

「法律が苦手な一市民」として、これから話そうと考えています。

 

日本の主な法律は、「六法」

ケンポー、ケーホー、ミンポー、ショーホー、

ケージソショーホー、ミンジソショーホー。

 

f:id:uwisizen:20200706072001j:plain

 

それらの条文の数を比較してみます。 (附則を除いての数です)

以下の数字はネットで検索したもので、間違っているかもしれません。

おおよその目安としてください。

 

ケンポー         

ケーホー         264条

ミンポー         1050条

ショーホー        850条

ケ-ジソショーホー    506条

ミンジソショーホー    405条

 

漢字になおすと、憲法、刑法、民法、商法、刑事訴訟法民事訴訟法。

もう漢字をみただけでも、ダメです。

 

さて、本題に入って、

ニホンコクケンポーの条文は、全部でいくつ ?

103条 !!

100~103条は補則ですから、実質は、99条 !!

 

多い ? 少ない ?

「少ない !!」と思いませんか ?

 

今日のコーザは、これだけです。

皆さん、覚えましたか ?

しっかり頭に入れてくださいね。

 

ニホンコクケンポー(日本国憲法の条文の数は103条

実質は、99条

たった99条 !!  少ない !!

 

「99」って、すっごく覚えやすいと思いませんか。

では、「ケンポー第99条」ってどんな条文なのか、知ってますか ?

そもそも、ケンポーって何 ?

 

まあいつも、こんな感じで始めるんです。

ひさしぶりにしゃべりました。

皆さん、どうですか ?

つまらない ?

                      ケンポーばなし(1)

有為自然   ブロガーバトンがやってきました。 やり方、わからないので …

   ブロガーバトンが やってきました

 

やり方が、わからないので、項目に答えたいと思います

作業の途中、操作を誤ってアップされましたが、

あとから書き加えて完成しました。

 

 

 

 

f:id:uwisizen:20200707145225j:plain

 

名前   有為自然(何もせず自然に生きる、ではなく、動きながら自然に生きる)

 

年齢   ジジイ

 

ブログ歴 1年4カ月目

 

総記事数 463記事

 

更新は  毎日午前0時

 

ブログのジャンル

     草刈り・剪定・花壇ボランティア、地域活動の報告、

     日々のこと、世の中のこと、親しい親しい友人Kセンセーの話、

     その他もろもろ。

 

ブログを始めたきっかけ

     私より数歳年上の、大学の名誉教授から

     「これからは、SNSの時代だよ」

     と促されました。

     ところが3年近く「孤独のブログ」。

     そのブログが閉鎖になったので、「はてなブログ」へ。

     もう一度、チャレンジ中です。

 

今後のこのブログの野望

     地味ブログです。

     ドジ話だけでなく、超真面目なことを書いてもブログとして生きながらえ、

     多くの人と交流できるブログになること。 

 

ひとこと 日常のことを報告しながら、のんびりやっていきたい。 

 

「一番古い記事」と「お気に入り記事」

     ただただ綴りまくっているので、ピックアップできません。

 

次にまわしたい人

     いろんな方が、すでに取り上げてもらっています。

     どなたがまだなのか、わかりません。

     そこで「あるとさん」どうでしょうか。

 

 

 

 

有為自然 462   満面の笑みで 手を上げ …

  満面の笑みで 手を上げ …

 

f:id:uwisizen:20200705045938j:plain

 

コロナと同時に、ウォーキングを始めた。

偶然である。

ウォーキングは、血圧を下げるためだが、

コロナ自粛の「運動不足」を解消した。

 

コロナのせいで、人と会えなくなった。

ところが、である。

ウォーキングしていると、ボランティア仲間や、老人会の会員に出会うのだ。

 

老人会の集まりでは、

この人、ウン? と感じる人もいる。

こちらに迷いがあると、何となくしっくりしない。

 

ところが、昨日のウォーキングで会った時は、

何年も会わなかった者同士のように、満面の笑みで声をかけあった。

しかもこちらから、思わず手をあげてしまったのだ。

 

「お元気でしたか。

皆さん、健康マージャンに集まれないでしょう」

「9月から、マージャンを始めようとおもっていたんだけどねぇ。

東京で100人を越したという話では…」

そして、気持ち良く別れた。

 

半年以上合わなかったために、かえって親しみが増したのだ。

今回の挨拶は、今後の人間関係にプラスに働くだろう。

これはコロナのおかげ、「塞翁が馬」である。

 

f:id:uwisizen:20200705050018j:plain

 

数年前、激しくぶつかりあった自治会総会で、司会をしていた元副会長さん。

庭いじりをしていらしたので、思わず声をかけた。

「お久しぶりです。体調はいかがですか」

「久しぶりですね。まあまあです」

 

昨日のブログの記事では、声をかけた7人はすべてジョセーだった。

今回、会って話したのはダンセーばかり。

お分かりいただけたと思うが、

別にジョセーだけに声をかけているわけではない(笑)

 

Kセンセーの「ケンポーコーザ」の断片を、次回から時々、紹介します。

彼がどこまでわかりやすくやれたのか、皆さん、ご覧ください。

法学部出身でないド素人のKセンセーが、

どこまで挑戦できるか !!

 

ではその前に、彼からの質問です。

 

ニホンコクケンポーの条文は、全部でいくつあるでしょうか ?

近い数字は、次のうちのどれ ?

  100  200  400  800  1600

正解は、次回です。

 

 

有為自然 461   ローレライの声に魅せられて 林を上る

  ローレライの声に魅せられて 林を上る

 

f:id:uwisizen:20200704074710j:plain

 

いつものウォーキング

木々の間、丘の上から、いつもの歌声(女声)が聞こえてきた。

ローレライ伝説ではないが、魅せられてしまう。

上り切ると、彼女がいた。

白髪のジョセーである。

 

「いつもウォーキングの途中、聞こえてくるんですよ。

合唱など、やられていたんですか?」

「うるさい … ? … ですか?」

「そんなことありませんよ」

短い会話。

笑顔で別れる。

 

丘を降りてゆくと、路上にカギが落ちていた。

倉庫のカギのようだ。

さらに下って行く途中の家で、見かけた人に声をかける。

「この近くに交番はないですか?」

「降りて行ったところにある信号を右です」

信号にたどり着くと、通りかかった人にまた、交番の場所を聞いた。

「ずっと先の向こうの信号のところです」

 

f:id:uwisizen:20200704074737j:plain

 

交番お巡りさんは不在。

机上の電話で本署に連絡。

メモを書き、カギを机の中へ。

そこへちょうど立ち寄ったトロールのお巡りさんに、報告。

 

もと来た道に戻らず、新しい道を探して丘に登ることにした。

2か所で「○○の丘に行くには、どう行けばいいですか?」と聞く。

4人に声をかけた。

またまた新しい道を発見した。

 

この日は、なんと8人もの人と声をかわしたことになる。

交番のお巡りさん以外は、すべてジョセーだった。

別にジョセーだけを、ねらって声をかけたわけではない。

たまたまである。

コロナのせいで、人と会うことが少なくなったためか、

交番や道をたずねるだけの会話でも心地よかった。

ジョセーにはたびたびこわい思いもしてきたが、今日は大丈夫だった(笑)

 

そういえば、

「見事な雑種です」と誇った、ワンちゃんを連れたジイサンには、

最近、会っていない。

どうしたのだろう。

 

f:id:uwisizen:20200704074812j:plain

 

有為自然 460  初めてのフェイスガード 初めてのズーム   話(82)

  初めてのフェイスガード 初めてのズーム   話(82)

 

f:id:uwisizen:20200703075812j:plain

 

そもそも、なぜKセンセーの退職後の「講師ボランティア」の話になったのか。

彼から、つい最近の「講師」の話を聞いたからです。

そのことについて話してもらう前提として、

これまで2回にわたり、彼の退職直後のことを載せました。

 

では、いつものようにKセンセーが、語ります。

 

退職して75回目の講師。

これまでにのべ1321人の受講者。

1回平均、17.5人。

 

コロナのせいでボランティア講師は、今年は5月まで1件もなかった。

ところが6月に、ようやく1件。

 

会場は、公共の施設

密を避けるため、「18人以内」に収めて欲しいとのこと。

結局、15人の会場参加者と、ズームで4人の視聴。

 

会場まで、マイカー。

公共交通機関は、今年に入ってまだ一度も使っていない。

すごい話だ。

 

フェイスガードも初めてなら、ズームもそうだ。

ジャマ臭いと思ったフェイスガードも、

語り始めると、つけているのを忘れてしまった。

 

90分1本勝負。

16ページと、20ページの資料。

レジュメは、A4で1枚

事前にすべて印刷し、綴じたものを配布した。

 

自分の説明をヒントに、

受講者一人一人が「自分の頭で、自分の考えをまとめる」ようになることが目的だ。

 

90分で36ページの資料は、量が多すぎる。

もっと絞り切れなかったかと反省。

1人分の資料代は、紙代と印刷機の使用料(公民館)で40円ぐらいになった。

 

久々のボランティア講師だったが、楽しかった。

終わったあと、講師の依頼者に夕張メロンをもらった。

 

講師活動は、7月にもう1回。

そのあとの予定はない。

コロナのせいだ。

 

「俺のはなしを聞け~ ♫ 」ではなく、

「お願い !! 話を聞いて~ !!」という心境である。

 

f:id:uwisizen:20200703075840j:plain

 

今回は、「初めてのフェイスガード」「初めてのズーム」が、

ブログに載せるきっかけです。

そのうちブログに、Kセンセーの「聞いて~!!」という希望にこたえて、

講義の断片を載せようかと考えています(笑)

 

   451~460 記事一覧

 

451 梅雨で、ウォーキング血圧も、ままなりません。

452 早朝太極拳「二千日修行」千三百日目まで来ました。

453 「コロナ後の社会」のキーワードは、「情けは人のためならず」

454 「深海魚人事」って、知ってますか ?  話(78)

455 「もーいいかい?」「もーいいよー」 「キョーシは、もーいい」 話(79)

456 体重は53キロ台を記録、体脂肪はついに一桁になりました。

457 草を抜いて下さったのは、大正生まれで90代後半の○○さん。

458 会費は、1人なんとワンコイン(100円)。 話(80)

459 往年のジョシコーセーたちが、大爆笑。 話(81)

460 「初めてのフェイスガード」「初めてのズーム」。 話(82)

 

 

 

 

有為自然 459   往年のジョシコーセーたちと 盛り上がる   話(81)

  往年のジョシコーセーたちと 盛り上がる   話(81)

 

f:id:uwisizen:20200702152927j:plain

 

「ボランティア講師」について、Kセンセーが語ります。

 

元コーコーのシャカイカのセンセーだということで、

その時々に話題になっている、様々なテーマで依頼が来る。

依頼されてから、最低1カ月の準備期間を保障してもらう。

 

それから、新聞を切り抜いたり、本屋にテーマに関連する本を注文する。

勉強の開始だ。

90分ないし60分の説明のために、およそ1カ月あまりのキョーザイケンキュー

キョーシ時代より、時間をかけることができる。

 

f:id:uwisizen:20200702152946j:plain

 

受講者の学ぶ意欲が、すごい。

コーコーセーとは、まるで違う。

 

また、自分より年配の方がほとんど。

大半は、白髪か、うすい人。

40年近く、10代後半のコーコーセーと接してきたから、最初は戸惑った。

たまに30代、40代の人がいると、「若い!!」と心の底から思う。

現役世代は働いているのだから、若い人がいないのは当然だ。

 

ジョセーばかりの時もある。

「私の最初の赴任校は、ジョシコーでした。

今日は、ジョシコーに戻った気分です」と挨拶する。

往年のジョシコーセーたちが、爆笑する。

笑顔が明るい。

 

ボランティア講師を始めた理由は、他にもある。

キョーシをやめて、急に話すことをやめてしまうと、

認知症の発症を早めるかもしれないからだ。

自分のリハビリのつもりで、お引き受けしている。

さして詳しくもないことを調べては、話をするのだ。

 

f:id:uwisizen:20200702153015j:plain

 

「今日は、お招きいただき、ありがとうございます。

私も、このテーマは、初めてのことです。

皆さんと一緒に学ぶ気持ちで、講師をお引き受けしました」と。

 

学習会後のアンケートは、

「わかりやすい」という感想が圧倒的だ。

「わかるジュギョー」は、

「たいへんなコーコー」で試され積みである。

 

ところが時々、やたら詳しい人がいる。

ダンセーに多い。

「参加したけど、とくに新しいものはなかった」という感想。

 

ショックだが、褒められてばかりよりも刺激になる。

次の学習会からは、「専門家ではなく、ともに学ぶ者」を強調するようになった。

ワンコインに免じて赦してほしい。

 

でも、人前で話すのは、楽しい。

こんなリハビリだったら、どんどんやりたい。

 

Kセンセーの語り口は、完全に元のキョーシに戻っていました。

そのうち、学習会の一端を取り上げてみようかと考えています。

まずは、ケンポーの話から。

 

皆さん、ケンポーは得意ですか ?

それとも苦手ですか ?

果たしてKセンセーの話は、わかりやすいものなのでしょうか ?

有為自然 458   会費は 1人ワンコイン(100円)   話(80)

  会費は 1人ワンコイン(100円)   話(80)

 

f:id:uwisizen:20200701152544j:plain

 

 

退職後のことを、Kセンセーが語ります。

 

退職直後は、何をするか全くあてのない状態だった。

まずは、好きなことを勉強したい。

「ジュギョウ準備」から離れたことを。

いろいろな講演講座を聴きにいった。

 

お世話になった弁護士さんのケンポーの講演も聴きに行く。

話がうまい。

わかりやすい。

なるほど、こういうことだったのか。

そして、講演の最後の言葉。

 

「今日は、いい話を聴いた、感激したと、

心の奥深くにしまい込んではダメです。

今日学んだことを、自分の周りの人に、一人でも多く伝えてほしい」と。

 

そうか。

一人でも多くの人に伝えるのか。

自分は、元キョーシ

人前で話すのが商売だったじゃないか。

これなら、できる。

自分は、何でもすぐ刺激を受け、動くタイプだ。

 

そんなわけで、市民相手の学習会の講師ボランティアを始めることにした。

シャカイカ関連のテーマであれば、「何でもあり」

ただし、ケーザイは苦手なので、お断りする。

さしあたり、ケンポーを中心に始めた。

 

f:id:uwisizen:20200701152245j:plain

講師料は、1人ワンコイン(100円 資料代込) + 交通費。

人数は、何人でも可。

もちろん、マンツーマンも。

 

10人だったら、千円。

1人なら、100円。

ほとんどイカー移動だから、交通費は不要だ。

 

さあ、その後どうなったでしょうか ?