人生百年 有為自然

人生百年。地域づくり、日々の生活、思いなどを中心にしたブログです。

有為自然 653  「キメツの花壇」は その後どうなった ?

  「キメツの花壇」は その後どうなった ?

 

f:id:uwisizen:20210304074532j:plain

 

一時期、「キメツの花壇」と名づけた花壇。

陽当たりが抜群にいいので、30近いビオラが元気に花を咲かせている。

みごとである。

黄色のスイセンも10本ほど、花をつけた。

「ついに、やった !!」 という感じだ。

 

道路わきの雑草を抜き取って、10人近くのボランティアでつくった花壇。

10メートル余の長さ。

まだ花の苗を植えていない時期に、子どもの足跡がくりかえし残されていた。

いったい、どこのガキだ ?

花壇を荒らす「餓鬼」ということで、自分の中で「キメツの花壇」と名づけた。

「ここは花壇です。踏まないでね」と書いた、

発泡スチールのトレーを立てる。

しばらくして、足跡は消えた。

 

その後、ビオラ30苗と、ジュリアン2苗、スイセン・チューリップの球根を植えた。

市役所が「地域花壇」の看板を立ててくれた。

ところが、今度はイヌの足跡

 

f:id:uwisizen:20210304074604j:plain

 

花壇の目の前のお宅の、

90歳近いダンセーが水やりや清掃をしてくださるようになった。

また、イヌを連れている方に、注意をしてくださったようだ。

さらに、小さな竹の札を10枚ほど立てて下さった。

ようやく、イヌの足跡も消えた。

 

近日中に、花壇のふちにゼフィランサスの球根を植えるつもりである。

ゼフィランサスは、植えっぱなしですむ。

4か所9面の花壇を維持するには、

なるべく手抜きできるようにしたい。

 

この「キメツの花壇」を見ていると、浮き浮きしてくる。

もはや「喜悦の花壇」である。

 

有為自然 652  「街の灯」 と おしゃべりジジイ

  「街の灯」 と おしゃべりジジイ

 

f:id:uwisizen:20210303065526j:plain

 

中学校のわきの、通学路の防犯灯。

木の枝葉に覆われている。

3か所の防犯灯が、暗いのだ。

 

ウォーキングがてら、中学校の教頭さんに会いに行く。

英検の手伝いをしているので、教頭さんとはなじみである。

 

「中学校の敷地から伸びた枝が、防犯灯の光を遮っているので、

私たちボランティアで伐採してもよいでしょうか」と聞いてみた。

「中学校の方で伐採しますから、どの木か教えてください」と、教頭さん。

二人で、木の確認に行く。

 

50代であろう彼の動きは、敏捷だ。

中学校の現役の教師は、こんなにも身が軽いのかと、

変なところで感心してしまった。

数日後、通学路を歩いてみると、突き出ていた枝がみごとになくなっていた。

防犯灯が明るくなっていたので、気づいたのである。

 

公園の駐車場。

閉門作業をしている、管理事務所の方に話しかけた。

 

「この前お願いした、男子公衆トイレの灯り。

取り替えて下さって、ありがとうございます」

  「高圧電線がちかくにあるためか、すぐ切れてしまいます」

「LEDでは、ないのですか」

  「順次、つけかえている最中です」

 

f:id:uwisizen:20210303065800j:plain

公園駐車場

 

コロナのなか、人びととの会話は貴重である。

ウォーキングの途中、知り合いのだれかれと話をする。

それが、楽しい。

それにしてもおしゃべりで、おせっかいなジジイである。

 

ブログでの発信・受信、コメントのやりとりも、

おしゃべりジジイにとってはありがたい。

 

有為自然 651  「イチジクの葉」のオンナたち どう思います ?

 「イチジクの葉」のオンナたち どう思います?

 

f:id:uwisizen:20210228140256j:plain

 

流ドク注意報 !!

上層部のジョセーたちを見ていると、「イチジクの葉」を連想してしまう。

 

ゴリン前カイチョーの「娘」が、カイチョーを引き継いだ。

前カイチョーやカンテーの、意のままに動く人物である。

何が何でもゴリンを開催することに「全集中」だ。

「ジョセー差別」の印象を拭い去るために、ジョセー会長を起用。

狙いが見え見えで、イヤになる。

 

男子スケート選手とのキスシーン。

検索して、初めて画像を見た。

びっくりした。

いやだなぁ~。

自分だったら、拒否する。

だけど、力が弱いから抵抗できないか。

年下の従妹に、腕相撲で負けたことがある。

中学時代、剣道の試合でジョシに面をとられて敗退。

 

むりやりキスって、セクハラじゃないの ?

カイチョーになってしまえば、ハイ終わりなのか。

 

シュショ―の息子とその企業幹部との「7万円会食」

業者との飲み食いなのに、「接待」という言葉すら浮かばない ?

これまでにも、奢られたことは何度もあるってことだろうなぁ。

 

彼女の顔は以前、中学校の教科書に載っていた。

政府広報誌」のような某社の中学校教科書

「史上初のジョセー・首相補佐官 !!」

ちなみに、このキョーカショには、前シュショ―の写真が十数枚も出てくる。

政治の分野に限ると、数ページに1回登場するのだ。

 

f:id:uwisizen:20210228140323j:plain

 

「飲み会を断らない女」。

これを聞いただけでも、下層のジョセーの気持ちがわからない人物だと思った。

飲み会を無理強いされるジョセーたちや、

子育てなどで飲み会に出られないジョセーのことなど、想像したことはないのだろう。

私大出身のエリート、そして美貌。

この人は、どうやってセーケン上層部までたどりついたのか。

「接待」慣れを、どうやって身につけたのか。

わかる気がする。

それにしても、7万円会食なのに「お咎めなし」。

 

さらに驚いたのは、ジョセーの男女共同参画担当大臣」。

「選択的夫婦別姓制度を導入することに賛同する意見書を、

地方議会で採択するな」という、地方議員に圧力をかける文書に名を連ねた。

男女平等を実現するために努力するべき立場なのに、

いったい何をやっているのか。

それぞれの姓を名乗りたいフーフ、

阻まれて苦しんでいるフーフのことを想像できないのであろう。

苦渋の決断に迫られ、

通称使用をしている人間のこともわからないだろう。

 

これらセーケン周辺のジョセーたちを見ていると、

セーケンのオトコたちの古い「ダンジョ観」をおおいかくす

「イチジクの葉」に見える。

古いオトコたちにかしづき、「尽くすオンナ」の群れ。

見ていて、いやになる。

 

そういえば、職場にもそういうジョセーたちがいた。

カンリショクヒラメオトコたちと、仲の良かったジョセー。

カノジョらもやがて、カンリショクに昇進していった。

 

久しぶりに、たまりにたまったドクを吐きました。

元ヒラの遠吠え(苦笑)

 

みなさんは、どう思われますか ?

 

ここまでキーを敲いていたら、例のジョセー広報官が辞職したというニュース。

 予算委員会に出るのがイヤだったんだろうな。

またしても、入院

いつものパターンだ。

有為自然 650  誤差の範囲 ?

  誤差の範囲 ? 

 

f:id:uwisizen:20210226143810j:plain

 

久々に、尾根の道を歩いた。

初めての道も含めて、大回りのコースである。

 

あれだけ歩いたのに、たった5キロ ?

翌日、もう1回同じコースを歩いた。

すると、歩数が1万1千歩、8キロを越えている。

やった~。

ついに8キロ。

 

ところが、これもあやしい。

万歩計のベルトがちぎれたために、正確に測ることができていない。

5キロと8キロ、3キロの違いは「誤差の範囲」ではない。

ベルトを購入して、測定し直した。

結果は、6キロ越えであった。

不慣れな道だったので、長い距離を歩いたと錯覚したようだ。

 

話かわるが、高校時代、

年に1度、10キロ「行軍」の行事があった。

わが母校をはじめ市内の高校では、生徒が道をはずれないようにと、

集団行進など「集団行動」が盛んに行われていた。

その一環である。

 

近いうちに、10キロ越えに挑戦したい。

挑戦する気になったのは、

頻尿を抑える薬を飲むようになったからである。

ウォーキング中に、トイレに行かずにすむ。

これまでトイレの場所、数か所を確認したうえで歩いていた。

尾根のコースには、トイレが1か所しかない。

だから、長距離の歩きは避けていたのである。

週に1回くらいは、10キロほどを歩くようにしてみたい。

 

f:id:uwisizen:20210226143909p:plain

   奇数日発信にしてから、50回目の記事です。

   もし毎日更新なら、700記事になっています。

   ほぼ隔日更新なので、ずいぶん楽になり指も痛くなくなりました。

   

   しかし、2日間を合計しても、アクセス数がガクッと落ちました。

   奇数日発信でも、読んで下さる方がいらっしゃることに感謝しています。

   ドクも吐き続けますが、今後ともよろしくお願いします。

 

   641~650 記事一覧

 

641 前ゴリンカイチョーの、本音の数々をまとめてみた。

642 高齢者の医療費を2倍にしても、現役世代の負担減は月に30円弱。

643 女性教師は、Kセンセーの力強い味方だった。 (114)

644 若い女性教師は役に立たない」とののしる教務主任がいた。 (115)

645 来年度の自治会役員の当番がまわってきた。 会長を回避できた。

646 「こども六法」を手元に置いておくと便利です。

647 英語版「ハリー・ポッター資本論は、挫折本。「100分de名著」に登場。

648 ヒヤシンス、クリスマスローズ、クロッカスなどの花が咲いた。

649 「生活保護」に関わったことがあります。 障害は、扶養照会。

650 10キロウォーキングを目指しています。

 

有為自然 649  「生活保護」に 関わったことがありますか ?

 生活保護」に 関わったことがありますか ?

 

f:id:uwisizen:20210225070518j:plain

 

突然、職場にケーサツから電話が来た。

90歳近いギオバ。

彼女の家のシャッターが、1週間、閉まったままだと。

鍵屋さんを呼び、ケーサツカンと一緒に中へ。

彼女は、寝たままだった。

 

この家を、一度も訪れたことがない。

中に入ってみて、極貧の状態であることがわかった。

30年近くの間に、冠婚葬祭で3回ほどしか会ったことのないギオバ。

ギオバは、自分もアイカタも血縁ではない。

 

救急車で病院へ。

低栄養、脱水症状、認知症で入院。

それから、いろいろ走り回った。

 

ギオバからの最初の言葉は、「あなたは、誰 ?」

次の言葉は、「○○(血縁の甥)にだけは、絶対に連絡しないでくれ」だった。

いろいろやらなければならないことが、押し寄せてきた。

 

まず、入院費をどうするか。

預金通帳と、印鑑のありかを教えてもらう。

100万円ちょっとの残高。

年金の額が、極小である。

残高は、入院費であっという間に消えるだろう。

 

役所の福祉課と相談する。

自分には、「扶養義務がない」ことを確認できた。

扶養義務や金銭的負担がないと知って、心が軽くなった。

人道上の立場からだったら、いくらでも動き回ることができる。

 

生活保護の手続きに入る。

その途中で、他行に預金残高があることがわかった。

使い切るまでは、生活保護の心配はない。

手続きを中止。

 

以前にも書いたが、思いだしただけでも、

次のようなところに出かけたり、連絡をとったりした。

 

病院・老健施設・役所・地域包括支援センター・銀行(複数)・郵便局・法務局

税務署・交番・電力会社・取引業者・NTT・郵便局・家庭裁判所

ガス会社・新聞販売店成年後見相談センター・スーパー(衣料品)

血縁者・隣家・特養ホーム …

 

半年後、成年後見人の申請を家庭裁判所に行うことになる。

そこで初めて、血縁の甥にも連絡しなければならなくなった。

「○○にだけは、絶対に連絡しないでくれ」と最初に言われた人物である。

相続権のある甥姪すべての了解を得て、

家裁で紹介された司法書士の方に、成年後見人をお願いした。

半年かかって、成年後見人までたどり着いた。

 

ところで、生活保護をためらう最大の理由が、「扶養照会」なのだそうだ。

わかる。

「絶対に連絡しないでくれ」という強い言葉。

 

もし自分自身が生活保護申請をしなければならなくなったとしても、

親・兄弟・親戚には連絡してほしくない。

彼らに知られたくないし、負担をかけたくもないからである。

 

厚労大臣は、「扶養照会の義務はない」と国会で明言した。

画期的なことである。

ただし、生活保護の申請を受け付ける役所の現場が、

ちゃんと対応してくれるだろうか。

現場では、今まで通り「扶養照会」をつづけるのだろう。

 

f:id:uwisizen:20210225070545j:plain

 

人生、どんなことが起きるかわからない。

親兄弟親戚に知られず、生活保護の申請ができるようになってほしいと、

心の底から思う。

 

ちなみにギオバは認知症のために、

自分の預金や資産の額を知ることなく、亡くなった。

百万円の一つ上の桁だったという。

 

 

 

有為自然 648  ♫ 咲いた 咲いた ヒヤシンスの花が ~

  ♫ 咲いた 咲いた ヒヤシンスの花が ~

 

f:id:uwisizen:20210221145518j:plain

 

春がやってきましたね。

 

花壇に、背の低いヒヤシンスの花が咲きました。

白っぽいベージュの花7つと、ピンクが2つ。

まだ蕾のものが8つ。

 

昨年3月に亡くなられたボランティア仲間の、

奥様からいただいたクリスマスローズ

ベージュの花が4つ、咲きました。

 

ムスカリの葉の間からは、クロッカスの花が3か所。

 

花壇には、ビオラが4つ。

ジュリアンが5つ。

ジュリアンは、寒さのために枯れかかっているのが心配です。

 

スイセンは4つ。

10数本は、まだ緑の葉のままです。

 

ユキヤナギには、小さな蕾が … 。

 

早朝の太極拳で、春の風を感じました。

 

季節のなかで一番好きなのが、です。

ボーッとしている自分の性格に、一番合っていると思っています。

レンゲソウの咲いた田んぼの畦道をぼんやり歩く。

モンシロチョウ菜の花

それが、自分の子どもの頃のイメージです。

小学校に上がるまでは、平和そのものでした。

 

皆さんは、どの季節がお好きですか ?

 

f:id:uwisizen:20210221145558j:plain

 

有為自然 647  挫折した本が 「100分de名著」に登場

  挫折した本が 「100分de名著」に登場

 

f:id:uwisizen:20210216140849j:plain

 

何度か挑戦したけど、最初の方で読むのを断念した本があります。

 

まず、英語版『ハリー・ポッター

中高生が英語版で呼んでいるという新聞記事を読みました。

「だったら、自分も」と挑んだのです。

魔法用語が多いことと、独特の言い回しに苦戦しました。

仕事も忙しい時期でした。

結局、100ページあたりでストップ。

退職したのに、再挑戦する気力がありません。

 

もう一冊は、資本論

学生時代、『資本論』くらいは読んでおかなければと思って、

何度か挑戦しました。

これぐらい読まなければ、知的レベルが … という感じだったのです。

ところが、使用価値、価値、商品、資本 … 、

何を言っているのかサッパリわかりません。

これも最初の方で、読むのを諦めました。

 

その「資本論」を、

NHKのEテレ『100分de名著』が取り上げたのです。

思わず、4回とも見てしまいました。

斎藤幸平という若い学者の感覚が、なかなかよい。

 

これだったら、自分も理解できる。

本屋に行って、『100分de名著 資本論を買ってきました。

わかる、わかる。

 

f:id:uwisizen:20210216140921j:plain

 

今年になってから、新聞で「トコロジスト」に出会いました。

今度はテレビで、

「コモン」「アソシエーション」という考え方に会うことができたのです。

 

コモン、アソシエーションという考え方を新鮮に感じました。

これなら、トコロジストと同じで、共感できます。

なお、旧ソレン・チューゴクの実態は、

マルクスエンゲルスの考えとは、絶対に違うと感じています。

 

ところで、コモン、アソシエーションって、何 ?

一言では言えないので、そのうち記事にしてみたいと思っています。

うまく、まとめることができるかどうか心配ですが … 。